ここから本文です

日本株全体の売買動向主体
2019年1~5月
売り 外人 1.4兆円  個人  1.2兆円
買い 日銀 2.1兆円  法人自社株買い等 1.1兆円

2018年の売買動向主体
売り 外人 5.7兆円, 銀行 生保  1.1兆円
買い 日銀 6.5兆円  法人自社株買い等 2.6兆円

2017年も18年と同じ傾向
外人の売りと日銀の下値買いが主体。
日産株も傾向は同じ。

しかし、銀行 生保 の売りは、持ち合い株解消の売りが主体で、そろそろ終焉、外人売りも終焉が近い。

ルノー最大の課題は、欧州2021年排ガス規制、2040年完全電動化(ハイブリッドも不可)日産リーフのみ可。
当面、原発大国として、日産と芙蓉グループの部品屋が頼りだ。
ここの株価は年後半から期待できる。