ここから本文です

最近の産経の記事は酷いね4/4の記事だけどね。

>ゴーン容疑者は平成20年10月、リーマン・ショックの影響を受け、私的投資で約18億5千万円の評価損が生じた。ゴーン容疑者はこれを日産に付け替えたほか、信用保証に協力したサウジアラビアの友人、ハリド・ジュファリ氏側に、21~24年、約12億8400万円を入金させたとして今年1月、会社法違反(特別背任)罪で起訴された。

これは検察犬が討ち死にしたやつだよね。

> 関係者によると、この評価損が生じた際、ゴーン容疑者は銀行側から巨額の追加担保を求められ、必要額は最終的に数十億円に上った。このうち約30億円分はジュファリ氏側が負担したほか、ゴーン容疑者自身も約22億円を差し入れた。

これってゴーン氏が日産の信用を一時的に借りて追加担保を銀行に容赦して貰った件じゃないの?
なのにまだまだ現ナマが必要だったのか?
それに数十億円の追加担保に50億円以上必要って産経の記者は算数が出来ないんだね。
もう無茶苦茶だね。

  • >>1082

    この続きも面白いよ。

    >オマーン・ルートで、特捜部が最も注目するのが、今回の不正支出の受け皿となったレバノン・ベイルートにある投資会社、グッド・フェイス・インベストメンツ(GFI)。27年頃に設立され、ゴーン容疑者と親しいSBAの経理担当幹部が、代表に就任した。

    > GFIにはレバノンにある幹部の個人口座から複数回にわたり計数十億円が送金されていた。さらにGFIからゴーン容疑者の家族が関係する複数の会社側に多額の資金が送金された。

    GFIってのは資金を運用する投資会社でSBAの設立したものじゃ無いかな。
    そしてレバノンにある幹部の個人口座から振り込まれたんで直接SBAが振り込んではいない。
    誰の個人口座なのか?何故に個人口座なのか?の説明が無いので良くは解らないね。
    余剰資金を投資会社に送金とか普通に有るでしょ。