ここから本文です

>>1644

たしかに。

空飛ぶタイヤをはじめ、
半沢直樹、下町ロケットなどの作品で
大企業上層部の腐敗と正義感溢れる
社員の取組を描いた池井戸潤氏に
新たなインスピレーションを与えたでしょうね。

フランス政府なども絡んでくると
映画化される大作になるかもしれませんね。

ただ、半沢直樹の名ゼリフを借りれば、
近々、そう遠くない未来、
株主の皆様の資産は、
倍返し、もとい、、

「半分返しだ!」

になるかもしれませんね。
財務管理が腐ってます。

有価証券報告書への虚偽記載は
役員手当だけではないように思います。