ここから本文です

>【7162】アストマックス
(人工知能(AI)関連銘柄)
アストマックスが先週に引き続き株価を伸ばしている。アストマックスは昨週発表したワイジャムプラスというサービスが引き続き材料視されているようだ。アストマックスの子会社、アストマックス投信投資顧問とヤフーとMagne-Max Capital Management(MMC)の3社は独自のAI運用モデルとビッグデータを活用した資産運用事業ワイジャムプラスを開始すると昨週明らかにしている。
ワイジャムプラスはヤフーが保有するビッグデータとMMCの人工知能(AI)を活用し、国内外の金融商品取引所に上場している株式を主要の投資対象とし運用を行う商品。ワイジャムプラスの最大の特徴はマーケットのアノマリーを探索することとのことだ。アノマリーとは理由のつかない季節ごとの市場の偏りのことだが、これらを人工知能(AI)を用いることで解析できるとすればなかなか面白い。
また、その他にも将来のスター銘柄を発掘することや、株の「モテ期」も確率的に推定するという。なんだか眉唾モノのような話にも聞こえるが、人工知能(AI)を活用してこれらを解析すると聞くと面白いような気もしてしまう。
数日にわたりアストマックスが人工知能(AI)関連の材料で物色されているところをみると、やはり人工知能(AI)はまだまだ市場の関心の高い旬なテーマということだろう。アストマックスは人工知能(AI)関連銘柄として位置付けが高まった格好だ。引き続き注目してみる。

http://sitekabu.net/archives/24681