ここから本文です

>>56

https://amoo-re.com/articles/ujvnx/

話は戻るけど年収の高い人ほど既婚率が上がる。これは事実。

そして今は昔と違い義務教育卒業で仕事についてやっていけるほど甘く無くなってきている。
大学までのコストを考えると正社員ではない男性は結婚よりも違う生き方を取る可能性が強まった。


女性は社会進出が進み昔と違い男女格差が減り食べて行けるようになってきた。

単純にプッシュがどうとか言う問題ではないよ。

労働環境、価値の多様化などさまざまな理由があるので勿論プッシュがどうとかも一つの要素ではあるが結婚も保険もほとんどそれだと言う考えは安易。

少なくともネット生保と言えど気付きを与える為にCMをしている。

結婚なども本当に結婚したいならプッシュなんか無くても自分でネットで調べるだろ。
それすらもしないならばプッシュされてもおそらく結婚するための努力は何もしないと思うよ。

  • >>57

    >結婚なども本当に結婚したいならプッシュなんか無くても自分でネットで調べるだろ。それすらもしないならばプッシュされてもおそらく結婚するための努力は何もしないと思うよ。

    あなた、数字にこだわりすぎ、わたしは実体験で言っている。
    特に、30代半ばの女性はものすごく結婚願望の強い人が多い。
    しかし、彼女たちに基準に合う男性はすでに結婚している。

    この状態はですね、家を買おうとしている人の心理と共通するんですわ。
    東京の山手線の駅から歩いて5分以内の広くて環境のいいところで一軒家、とか言う希望があって予算が1500万円、これで、そんな物件ありません、って言ったら商談は成立しません。
    お客さんのプライドを傷つけないように少しずつ予算に近づけていく、結局、お客さんは家を買いたいんだし、妥協しても路線と家の形態を変えれば立派な物件はあるんです。

    昔から、ミスマッチは常に存在したわけで、条件にこだわったら相手はいません。
    でも、例えば、超エリートと結婚して幸せになるか、イケメンと結婚して幸せになるか、アイドルと結婚して幸せになるか、って言えば、そんなことはないんです。

    周りからちやほやされている人間より普通の人の方が一緒になってうまくいくものです。
    それを伝えるのがプッシュというものです。

    プッシュして無理やり需要をつくるじゃなくて、強い需要がある人に近くに結構いいものがあるよ、って気付かせるのがプッシュです。
    わたしは、たくさんのカップルをプッシュで後押ししましたが、みんな幸せにしてますよ。

    足りない条件なんて後で二人で補充していけばいいんです。