ここから本文です

>>219

これって、justInCaseという少額短期保険業者の商品を、若い白地顧客情報を欲しい第一生命が代理店として販売しているだけの、単体では低収益なビジネスです。
ライフネットがなけなしの経営資源を割いて対応する事はないでしょう。

たくさんの少額短期と提携して、少短ではカバーしきれない顧客のニーズをライフネットに誘導してもらうとか、auの様に他業態の品揃えの一部としてライフネット商品を組み込んでもらう事を目指すべきでしょう。

あと次のステップとしては、リスク対応の体力が蓄えられた時点で終身死亡保険とか収益性の見込める新商品追加を期待したいです。