ここから本文です

概ね各社生保の第一四半期がそろって大体新契約件数が前年割れや前年と同程度でしたね。
かんぽ生命は論外として住友生命、メディケア生命も前年程度、メットライフも前年割れ、第一生命もEEV減少、ネオファーストも経営者向け保険の停止で失速、日本生命も前年割れなど良くは無いね。
特に大手生保は海外生保を持っているので円高の影響、貯蓄性保険でのマイナス金利と株安はEEVに与える感応度がライフネットより大きくマイナスに働く。