ここから本文です

>>2

おそらくマスミーチュアルの保険は保有契約と責任準備金と保有契約価値から見て貯蓄性の保険だとわかります。
富裕層向けらしいしね。
で、今後はIFRSで新基準が適応すれば責任準備金がロックインではなくロックフリーの時価会計になる。そうなると債務超過になるから日本生命とくっついたのではないかと想像出来る。

日本生命も今さら利益の期待出来ない貯蓄性やフィンテックによって必要無くなる銀行窓口に目を向けるのは大手としては仕方ないのかも知れないけど次のステージには行けないような経営だね。

  • >>3

    >で、今後はIFRSで新基準が適応すれば責任準備金がロックインではなくロックフリーの時価会計になる。そうなると債務超過になるから日本生命とくっついたのではないかと想像出来る。

    どうもよく分からない。
    例えば、額面100円利率1%で購入単価が105円、最終利回りが0.5%の債券があるとする。
    今、金利が2%になれば、当然この債券は100円以下になるだろう。
    そうすると、債券の評価損で決算は赤字になり、場合によっては債務超過になるかもしれない。
    しかし、この債券を満期まで保有すれば、額面100円、期間利回り0.5%で償還される。
    つまり、途中に大きな赤字が出ても、最終的には当初の計算通りの結果になる。

    また、金利が2%に上がれば、今後購入する債券の利回りは2%となり、保険勧誘時に約束していた利回りを上回る収益が上がる。
    つまり、マスミューチュアルの既存の商品は保険勧誘時に安い収益をお客さんに約束しているんだから、今後、金利が上がれば最終的にプラスになりこそすれ、マイナスにはならないのではないでしょうか?