ここから本文です

少し前の日本海事新聞に尾道造船さんがスクラバー搭載のRORO船を琉球海運さんから1隻受注したという記事が載っていました。スクラバーとはsox規制対応の浄化装置で新造船にスクラバーを搭載するのはバラ積みの20%程度の大型船のみだという見通しを日経新聞が載せていたけど、内航のRORO船にスクラバーを搭載するというのは嬉しい誤算です。なぜならROROやフェリーのような航行距離の短い用途ではsox規制のプラス効果はあまり期待出来ないと思っていたからです。内航船でも沖縄・九州のような比較的長い航路ならスクラバー搭載の新造船リプレイスメント需要が少しでるかもしれませんね。

そして、先駆けとは言えsox規制対応の新造船需要がマーケットに実際に出てきたのは大きな前進です。これからバラ積み船の受注に波及してくれば内海さんも得意な分野ですので外航船での受注に期待が持てると思います。