ここから本文です

川崎桜本地区「日本のまつり」で
朝鮮民族の踊りや朝鮮音楽や朝鮮料理。
川崎市川崎区の桜本地区と言えば在日朝鮮人街である。
「日本のまつり」という名のもと、
在日が仕切って朝鮮民族の音楽や踊りである。
実態は「朝鮮のまつり」ではないか。
ならば堂々と「朝鮮のまつり」とやったらいいではないか。
しかもアイヌや沖縄という無関係なものまで登場している。
これらは反日つながりではないのか。
桜本の朝鮮商店街を歩けばわかるが日本共産党のポスターが多い。
次に公明党が多い。
在日と共産党と公明党の強い結びつきがわかる。

  • >>230

    以前、ここ桜本に日本人がデモ行進したが、
    在日らがマスコミと結託して「ヘイトデモ」「差別主義者」にして
    日本人の言論が封じてられて追い出された。
    ここは朝鮮でなく日本であるのに、
    朝鮮人が日本人に「帰れ!」と言っていた。
    異様な光景であった。
    そして朝鮮人の歴史の事実を言うと「ヘイト」「民族差別」にされる。
    朝鮮人の不法占拠や戦後増えた朝鮮人は密航者であることは事実である。
    こういう事実を言う言論の自由は今の日本にはない。
    そのうちこういう事実は
    歴史から消されてなかったことにされてしまうのではないか?
    しかし日本からいなくなってほしいのは在日朝鮮人である。
    日本の地で、我が物顔で気持ちの悪い朝鮮民族の踊りなどはやめてもらいたい。