IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

リリースに新たに引当金という文言が現れ、本質がシステムではなく監査法人との意見の相違だと判明した。これは重大な事なのだが、株価は小幅安で大きく崩れたという印象はない。すでにこの程度が織り込まれていたとすると、売り方にとってのハードルは高くなる。企業継続に疑義が付く位の内容でないと、返り討ちにあう確率も高まる。