ここから本文です

昨年5月に、これからはエンジニアリング!的な宣言をしたが僅か1年で「海外化学プラント工事から撤退、火力発電土木事業から撤退」だって・・結局何が残るの?「およそ1世紀の間培ってきたエンジニアリング力が社会に求められています。」と言った舌の根も乾いていない。お得意だった東南アジアの発電所案件で今回不注意で500億円の授業料を払ったようだが、やけになって「全部やめたー」と言うのは馬鹿でもできる。そもそも物売りに未来が無いから「エンジニアリング」と言ったんじゃないの?