ここから本文です

インドネシアには同様の発電所案件が2件あるようだ。2月7日の20183Q決算説明資料によると1号案件は「⼯事の完遂に向け鋭意遂⾏中。現段階で⾒積もれる費⽤は183Qまでに引当⾦を計上済み」とあるがたった3ケ月後には何と「従来予想から270億円赤字幅が拡大。前期の下方修正は昨年10月に続き2度目。インドネシアの火力発電所の工事費用を見直した結果、売上原価に380億円を追加で計上」となった。同資料には「2号案件工事は予定通り順調に進捗」とあるが、1号案件のバタバタをひきずってまた今期も大きいのを出すんじゃないか?