IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

力学的には69円までは売りが少なくデイトレ主体に上がり、69円でデイトレの利確がでてドボン。あとは失望売りが続いてあっというまに下落。陰線をつけてもとに戻り、下値で売り豚が買い戻す。これがメインシナリオでしょう。

でもよく考えてください。6/11に69円で大量に売ってきたやっかいな個人の空売りはもういません。
70円から上ではデイトレ勢が減って売り板は薄く、売り豚はしぶしぶ買戻しをはじめ、夢のような世界が広がります。6/14の上放れの再現どころか、今度はしっかりと終値を70円台に落ち着けるでしょう。つまり、急騰トレンド+2σ~+3σに戻り、イナゴさんたちを集められます。80円台の着地もあり得ますし、そうなれば翌日には3桁に手が届くかもしれません。

69円のしこりなどない方が、買い方全員の幸せにつながる。
69円の利確やめてみませんか?売り豚焼き尽くしませんか?
昨日の奇跡の逆転劇はもう一度69円を超えて急騰トレンドに戻るための布石に過ぎません。我々で急騰トレンドに乗せれば、69円は新たな底値。イナゴさんもまた集まり、ここから握ればまだまだ稼げます。
大黒屋の持つ、中古ブランド品、中国、EC市場という3つのキーワードは、今年一番の低位株として申し分ないはず。
新たなゴリラになりましょう。大黒屋を今年の10バガーにしましょう。