ここから本文です

北電工、今期経常を20%上方修正【連結】

2月8日後場(14:00)に決算を発表。19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比7.1%減の10.6億円に減った。
 しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の10億円→12億円(前期は9.3億円)に20.0%上方修正し、増益率が7.2%増→28.6%増に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の3.1億円→5.1億円(前年同期は2.5億円)に63.1%増額し、増益率が25.3%増→2.0倍に拡大する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比18.1%減の3.8億円に減ったが、売上営業利益率は前年同期の4.0%→4.2%とほぼ横ばいだった。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  自動車関連向けに、各品種総じて受注が計画比増加基調となり、為替相場も円安ドル高水準で推移したことから、当年度通期業績につきましては、売上高、利益とも、上方修正いたします。 なお、為替相場につきましては、108円/米ドルを想定しております。