ここから本文です

>>373

丸山隆之、プロが選ぶナンチャラで3月中旬に「4月初旬に買って、5月初旬に売った場合の上昇率について云々…」1月初旬から1月末迄の上昇率が20%上昇だったにも関わらず、あえての発信、相当、期待した方も多かっただろう、結果、8%マイナス、三流證券、高木證券出身のこの大ボケぶりは、恥さらし以外の何者でもない。統計的騰落とは?収益力が下がった同社の決算を見たの?統計的って何?周期で上昇率がわかるわけないよね。景気循環のマクロ理論でさえ、古典の時代に、このオッサンが投資家として名乗るのを赦す環境もどうかと思う。もう一段下げなきゃ、買いを勧められないだろう。