IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>458

「MLCC価格は同じ製品比較では上昇せず、21年の北米スマホ1台あたり売上高は20年比で減少するリスクがあり、株価上昇余地は限定的と指摘している」

とモルガンは言っているが世界のスマホ販売に於けるアメリカのシェアは多くなく、中国、そして新たにアップルの生産を行うホンファイの工場のインドなどアジア諸国が有望と言われている。
それと村田製作所の目標で、コロナで伸びた売り上げ2兆円・利益率20%の達成に向け、利益率は達成したが売り上げ目標がまだなので、達成すれば利益が4000億円となるが、モルガンの分析より村田製作所の方が説得力が有ると思うが?