IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>948

現在5Gと称される通信の周波数はサブ6と言って6GHz迄の周波数を使用するのに対して、本来の5G対応のミリ波周波数26G~30GHzを使用する事により一度に多くの情報が送れます。
世界のスマホは現在このサブ6に対応しているので本来の周波数で使用するためには交換が必要と成りますが、基本は周波数が高く減衰も著しいので基地局が多数必要となり、この技術を開発しているのが村田製作所です。