ここから本文です

今は当面の悪材料を織り込んで底を打った状態
ヨコヨコで上昇のタイミングを図っておる
つまりG20での米中手打ち待ちだ
当然のことだが手打ちがなされなければ一段下げる
一時的な4000円割れもあるかもしれない
仮に手打ちがなされず下げたとしても、5G、CASE、IoTによる需要で村田の株価は必ず復活する
これは他の半導体関連銘柄にもいえることだが、村田は別格である