ここから本文です

日本電産のPER42倍に比べ、ここはまだまだ上昇余地あり。
5G本格的スタート、EVの拡大、自動運転のレベル向上などを
考慮すると、ここはこれから本格的上昇期を迎えます!