IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

怖い輩と飛沫の喜びに浸りたい輩は、売って売って売りまくりましょう(゚∀゚)💛

うまくいく人は、株価ではなく、その会社の事業をきちんと見ています。

◆◆◆どうやって一喜一憂しない心を手に入れるのか?
 株式に投資をする上で、私たちが一喜一憂しない心を手に入れるためには、ひたすら事業を見ていくことです。

うまくいっている人の多くは、決算短信などを読み込み、会社のホームページ等の情報もくまなく見てひたすら企業分析を行い、自らの資金を投じて経験を積んでいった結果、一喜一憂しない心の領域に到達したとみています。

◆◆◆まさに“職人”です。この職人たちは、きちんと事業を見ているので、下がったところで「怖い」ではなく「安い」と思える心になっているのです。

見通しを第一優先にしないことです。多くの人はうまくいかないときに、「今後のマーケットは?」と見通しを持とうとします。

見通しを当てようとすればするほど「なんで今日、株は下げたの?」「明日はどうなるの?」と、より一喜一憂してしまいがちです。

◆◆◆ここで重要なのが企業の現在の技術力と立ち位置地でその為には重要な根拠が必要です。

◆◆◆これを繰り返していった先にある世界が、暴落時にマーケットに振り回されるどころか、暴落時ほど良い買いのタイミングに思える、一喜一憂しない世界です。

◆◆◆その世界に到達できたとき、きっとあなたも暴落時であっても冷静に判断することができ、結果、パフォーマンスもともなっていることでしょう。


そんなあなたに捧げます。