IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

半導体大手ローム、上海臨港新エリアに連合実験室を設立
【7月10日 Xinhua News】日本の半導体・電子部品メーカーのロームと、中国の新エネルギー自動車(NEV)向け動力伝達装置やパワー半導体モジュール開発を手掛ける臻駆科技(上海)が共同で設立する「ローム・臻駆科技炭化ケイ素(SiC)技術連合実験室」の除幕式はこのほど、臨港新エリアで行われた。中国(上海)自由貿易試験区臨港新エリア管理委員会への取材で分かった。
国の戦略的発展計画に合致する新型研究開発機関として、同実験室は炭化ケイ素を基本材料とするパワー半導体技術の開発、テストと普及に力を入れる。上海市、さらに中国全国のパワー半導体チップやパワーモジュール、部品サプライヤー、完成品メーカーの全産業チェーンにサービスを提供、次世代の最先端パワー半導体チップとパワーモジュールの普及と産業化を促進する。