ここから本文です

メイコー主力ですがCMKにも投資しています、って言うかインしたのはCMKの方が先です!
CMKとメイコーは基板専業ですが似て非なる会社です(CMKが家康ならメイコーは信長タイプ)
CMKはいち早くスマホから撤退し車載に重点を移しています(良くも悪くも業績にブレが少ない)
アセアン工場は両面プリントの付加価値の低い商品がメインですが、メイコーやキョウデンがアセアンで高付加価値の多層やビルドアップ製造に成功しているのを見て、やっと重い腰を上げたかも?って感じですね!

メイコーではQ2発表後の機関投資家向け会社説明会で数字は一部しか示していませんが事実上の三カ年計画と言えるものを発表しています!
CMKは利益率でメイコーの半分しかありませんが、逆に言うとそれだけ伸びしろが残されていると言う事!
私はタイ工場の伸びしろに期待していますよ!