IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
(2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
              記

【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
     東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
     地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
【主なプログラム】
13:00  受付・技術展示開始
14:00  開会挨拶
14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏