ここから本文です

自社の強みも弱みも理解せず、有形無形の過去資産を食いつぶし、ただ延命することを戦略としている。

変化を期待して長らくホールドしてきたがもううんざり。終わりにします。