ここから本文です
906

stop 様子見 8月4日 13:57

厚生労働省は4日、アフリカのコンゴに滞在歴がある埼玉県の70代女性が3日に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして検査していると発表。

ホルダーとしては好材料だが、患者女性、また日本のためにもエボラでないことを強く祈りたい。