ここから本文です

ネットキャッシュ
読み方: ねっときゃっしゅ
分類: 財務・会計|財務分析
ネットキャッシュは、現預金と短期保有の有価証券の合計額から有利子負債を差し引いたもの(金額)をいいます。これは、企業の実質的な手元資金を指し、通常、潤沢な企業は財務の安全性が高く、不況時の抵抗力が強いと言えます。その反面、大量の現預金等を抱えながら、時価総額の低い(市場評価が厳しい)企業は、成長投資や株主配分など手元資金の有効な使い途を市場に対して十分に示していないと言えます。

@@1 一般に株式市場では、株価純資産倍率(PBR)が理論上の解散価値を示す1倍を割り込むと「割安」と見なされますが、時価総額がネットキャッシュを下回る時は、市場での評価がさらに低い(厳しい)ことを意味します。この場合、その企業の全株式を買い取れば、買収額より多い現預金などを手中にできることから、逆に見方を変えれば「超割安銘柄」として買収の標的になりやすいと言えます

ttps://www.ifinance.ne.jp/glossary/account/acc238.html
分かりやすく:四季報:1259ページ
現、貯金:128億⑤700万円*1
流動資産の有価証券:1.92憶円*1
有利子負債:0
*1は 29年3月期

30年3月期:115.22億円:現、貯金#1

流動資産の有価証券:2.8億円#3

有利子負債:0 ::損益計算書の営業外費用:利息欄が:0

総株数:14,300,000株
自己株:1,792,150株
配当有効株:12,597,150株#2

ネットキャシュは:(#1+#3)÷#2:937円
大変だ:1020円から➡937円に減少 騙されないうちに売らなきゃ
早速月曜日に 成り売り:
ご心配なく:営業CF:売り上げ債権の増減:29年:4.31憶円:30年:△6.21
億円 10.5億円の差 で現金及び預金の差がでた。だから:937円になった。
然し アンテナ 貸し倒れ引当金:0 貸し倒れ:100%なし

昨日の引けね:795円
@@1参照
だから 俺は 売却しない +次世代通信5G+4K、8K、月面探査 かぐや
のアンテナ通信技術

  • >>596

    ネットキャッシュが時価総額を上回る企業は - 金山敏之「投資のヒント」

    昨年の記事:金山さんは 確か、火曜日のストボ 13-00hrs に毎週出演 

    本日の日本経済新聞では、企業が保有するキャッシュに対する市場の注目度が高く、特に企業の現預金など手元資金から借入金などを差し引いた「ネットキャッシュ」が話題になることが多いと伝えています。そして6月に株価が18%上昇したテンプホールディングス(2181)や同様に10%上がったアイホン(6718)では、ネットキャッシュが時価総額の半分の水準にあったと紹介しています。

    そこで今回は、東証1部上場企業を対象にネットキャッシュ(手元流動性―有利子負債)と時価総額を比較してみました。すると、ネットキャッシュが時価総額の半分を超える企業は、テンプホールディングスやアイホンを初め170社を超えています。そこで今回はそうした銘柄のなかからネットキャッシュが時価総額を上回っている企業をリストアップしてみました。

    *1部でないので HYPER LINK 省略*

  • >>596

    ネットキャッシュ
    読み方: ねっときゃっしゅ
    分類: 財務・会計|財務分析
    ネットキャッシュは、現預金と短期保有の有価証券の合計額から有利子負債を差し引いたもの(金額)をいいます。これは、企業の実質的な手元資金を指し、通常、潤沢な企業は財務の安全性が高く、不況時の抵抗力が強いと言えます。その反面、大量の現預金等を抱えながら、時価総額の低い(市場評価が厳しい)企業は、成長投資や株主配分など手元資金の有効な使い途を市場に対して十分に示していないと言えます。

    @@1 一般に株式市場では、株価純資産倍率(PBR)が理論上の解散価値を示す1倍を割り込むと「割安」と見なされますが、時価総額がネットキャッシュを下回る時は、市場での評価がさらに低い(厳しい)ことを意味します。この場合、その企業の全株式を買い取れば、買収額より多い現預金などを手中にできることから、逆に見方を変えれば「超割安銘柄」として買収の標的になりやすいと言えます

    ttps://www.ifinance.ne.jp/glossary/account/acc238.html
    分かりやすく:四季報:1259ページ
    現、貯金:128億⑤700万円*1
    流動資産の有価証券:1.92憶円*1
    有利子負債:0
    *1は 29年3月期

    30年3月期:115.22億円:現、貯金#1

    流動資産の有価証券:2.8億円#3

    有利子負債:0 ::損益計算書の営業外費用:利息欄が:0

    総株数:14,300,000株
    自己株:1,792,150株
    配当有効株:12,597,150株#2

    ネットキャシュは:(#1+#3)÷#2:937円
    大変だ:1020円から➡937円に減少 騙されないうちに売らなきゃ
    早速月曜日に 成り売り:
    ご心配なく:営業CF:売り上げ債権の増減:29年:4.31憶円:30年:△6.21
    億円 10.5億円の差 で現金及び預金の差がでた。だから:937円になった。
    然し アンテナ 貸し倒れ引当金:0 貸し倒れ:100%なし

    昨日の引けね:795円
    @@1参照
    だから 俺は 売却しない +次世代通信5G+4K、8K、月面探査 かぐや
    のアンテナ通信技術