ここから本文です

ロイターによれば、

台湾経済部が発表した12月の輸出受注は、前年同月比0.9%増の437億8000万ドルと14カ月ぶりに増加し、過去2番目の水準を記録した。米中貿易摩擦の緩和とともに、世界的に電子部品への需要が回復した。

中略

台湾経済部によると、12月に電子部品の受注をけん引したのはスマートフォンおよび次世代通信規格「5G」の通信機器向けの需要。

ということだそうだ。


米中がとりあえず一部合意して受注が増えてきたのだろうか。
4Qは期待できるかな?どうかな?