ここから本文です

こんな情報もあるので、エノモトも意外に好調だったりして。

iPhoneの組み立て生産を請け負うPegatronが2019年、前年比2%増で過去最高の売上高を記録しました。背景にはiPhone11の好調な売れ行きがあります。


好調なiPhone11が底上げ

Pegatronは10日、2019年12月の収益について、前月比で9.5%減、前年同月比で21.8%増となり、2019年通年では1兆3,662億台湾ドル(約5兆160億円)になったことを明らかにしました。これによって6年連続で1兆台湾ドルを突破、2年続けての売上高新記録となりました。

前年同月比の増加率を見れば、いかにiPhone11がPegatronの売上に大きく貢献したかが分かるというものでしょう。

Pegatronの童子賢会長は、第4四半期(10月~12月)は繁忙期の終わりであり“冬眠期”にあたるものの、2019年については米中貿易摩擦が原因で、国内外の様々な工場が稼働、結果として好調に推移したと説明しました。

また例年通りであれば、2020年第1四半期(1月~3月)は閑散期に突入しますが、今年Appleは下半期だけではなく上半期(2020年3月)にも新iPhone(iPhone SE 2、iPhone9とも)を発表するのではないか、とも噂されています。

https://iphone-mania.jp/news-271674/




どうなることやら。