IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

対コロナ 遠紫外線装置が登場 元NASAが開発 アメリカ

「遠紫外線」を使って新型コロナウイルスを死滅させる新たな装置が登場して、注目を集めている。

バーの入り口には、ウイルス対策として新たな装置が設置されている。

装置の下で紫外線を20秒間浴びると、表面のウイルスが死滅するという。

これは、NASA(アメリカ航空宇宙局)の元技術者らが開発した「クレンズ・ポータル」という装置で、装置の中で「遠紫外線」を20秒間浴びると、表面に付着したウイルスの9割が死滅するとしている。

安全に営業を再開したい店舗や、観光施設での設置が進んでいる。

装置を設置したバーの店長「お客や従業員に、より安心してもらえる対策を考えていた。(装置は)新たな対策として、とてもいいと思う」