IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1124

昨夜こちらの板で、花粉アレルゲンの不活化のことと紫外線の波長の話(222nm に近いほど大きな不活化効果あり)というのを目にしたので、日機装のエアロピュアのことを書いてみたのです。

エアロピュアについてよくある質問の回答の中に、「日機装では200nm~280nm を深紫外線としています」とあります。

ちなみにウシオの「光技術用語解説」には、
「遠紫外領域を真空紫外領域よりも長波長の領域をまで含め、250nm くらいまでとすることもある」と載ってます。

私の知識不足でおかしなことを言っていたら削除しますので、教えてください。

ウシオのcare222は「遠紫外線C波」だと知っています。違ってたら教えてね!!!

  • >>1160

    真空紫外線=VUVは10~200nm
    深紫外線=UV-Cは200~280nm
    遠紫外線=200~250nm

    遠紫外線は深紫外線グループに存在し、可視光から遠い波長なので遠紫外線。
    (馴染み深い遠赤外線と真逆)

    200nmの境界はオゾンを生成するかどうかの境目。(200nm以下の波長は酸素分子を酸素原子に解離するエネルギーを持つため)
    280nmはUV-Bとの境目。
    250nmは人に無害か有害かの境目。

    現在の技術力ではLEDだと250nm以下の波長を出すことは不可能。現在、世界で数あるLEDメーカーのUVCは275nmを中心波長としているものが多い。
    275nmを中心としたLEDは、275nmを頂点に250~310nmの波長が山のように出ており、UV-Cと言いながら皮膚がんやシミの元になるUV-B=280~315nmも出している。

    てな感じすなぁ