IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>295

    「騰落レシオ」とは「値上がり銘柄数/値下がり銘柄数」を100分率で示すものです。5日間あるいは15日、25日などの営業日を決めて算出することが多いのですが、一般的には25日騰落レシオ、というものが使われます。短期中期的な過熱感を見るのに使います。

    25日間の値上がり銘柄数の合計/25日間の値下がり銘柄数の合計を計算するわけです。=25日騰落レシオ。
    100%だと値上がりと値下がりの数が一緒なので中立。120を超えてくると「加熱気味」70以下になってくると底値を意識と言われます。

    120を超えたら即反落するかというとそうでもなく、強い相場では120を超えても何日も相場が強いことはままあります。ただ、僕が先輩から伝授されたマイルールの一つに「120を超える日が10営業日続いたら先物売ってみる」というのがあります。10営業日=2週間も120越えが続いたら流石に加熱を疑ってことですね。