ここから本文です

昨日のように市場が良い時に下げたのは痛かったが、大事なのは今日、市場全体が下げた時にどれだけ踏ん張れるかだと思う。先日のように下落率が日経平均の3〜4倍にもなる様ならまだまだ厳しい日々が続くかもしれない。いずれにしても過去の株価の動きをみれば、投資家の関心は業績ではなくメモリズムプロセッサにの実用化であり、吉報が株価反転の狼煙。期待するのは、その一点であり、NEWSリリースが4箇月更新されていない事から、「そろそろかな?」と思う今日この頃ではあります。