ここから本文です

QUICKコンセンサス(24日時点、8社)の926億円を大幅に下回った。自動車製造台数の増加に伴い製品生産量は増えたが、先行開発費やIT(情報技術)などの設備投資がかさんだうえ、為替差損が響いたのだそうですが。