ここから本文です

>>628
そうですね。個人的にこの価格では売りません。
明らかに割安です。

ただ今回のアメリカ発の世界同時株価安が、
株価にバブリなー状況がもともとあって、その引き金が金利上昇の懸念ならば、
少し尾を引きそうだと思います。
今回はこっちかなという気がしますね。

単に金利上昇の不安だけでは、やがて元に戻ると考えます。
たとえ実際に金利上昇があったとしても、その程度が問題となりますね。
まあ人は不明確なものはすぐ忘れますので・・・。
最近では、イギリスユーロ離脱選挙・アメリカの大統領選挙がそれに当たりますね。

イギリスユーロ離脱選挙の時は、離脱と考えてわざわざ休みを取って
株価暴落に合わせて、証券会社を買いまくりました。
日経平均も1万4千円台で明らかに割安だったので。

もっと大きな懸念材料というと、北朝鮮問題ですね。
そのため、来月までには一旦全て処分したいとも考えています。