ここから本文です

>>171

四季報最新号は独自増額として、EPSが前期78.5円から今期96.7円、来期105.9円になっています。
会社見通しの自動車向け需要は保守的に過ぎ、電磁波対策部材は需要拡大の一途とし通期増勢継続としています。
コネクテッドカーや自動運転など電子制御の重要性が増すにつれ、電磁波の誤動作対策はさらに重要となること必定です。振動や熱対策分野も深耕としています。来期の増勢はさらに拍車がかかるかも知れません。
利益剰余金248億円、無借金、1株純資産は3005円(前期2539円)となると、今の株価は何れ大きく訂正されるでしょう。