ここから本文です

昨年の11月から12月大納会にかけてシスメは劇的な
ナイアガラ爆下げ事件が起きて5,000円を割り込み、しかも
下げの過程では一日出来高が100万株を連日超えていた。

この過程では多くの大口機関は現物売りで撤退したと想定できる。
なので来年3月以降は、何かの好材料があれば大口機関は買いで
参戦するのではと思う。