ここから本文です

【大幅増益】4K対応の映像信号モニターが国内で好調続く。特に4Kで伝送量4倍の大容量対応の高機能機種が活況。中国向け2K(ハイビジョン)も順調。開発費が一巡し大幅増益。会社20円配だが増配も。
【新市場】東京五輪はビデオ信号処理技術を生かした新製品投入し市場深耕。中国では22年冬季五輪に向け4K放送実施へ。2Kに加え高付加価値4K対応機本格化へ。