ここから本文です

>>414

キーエンスの直近の決算短信(2019年10月31日)ですが、
6月からドル円高が進んで、8月106円、9月107円くらいだったので、2019年3月21日~9月20日連結で為替差損29億1500万円を計上しています。
米中貿易摩擦や世界経済の減速でポジティブな材料がなかった時期でもあり、3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比14.0%減の1393億円に減っていました。
キーエンスは、新興国は過剰投資で先行き不透明だが、国内は継続的な円高基準の影響があるものの、製造業を中心に設備投資が緩やかな回復基調なので、企画開発、営業を強化すると記しています。
キーエンスの製品が値引きしなくても売れるのは、売上高30%は新製品で、そのうちの70%の製品は世界初や業界初だからだそうです。