ここから本文です

外資があとどれだけ返済期限が近い売り玉が残っているか?
返済期限の近い売り玉がある限り、その損切を大量にして個人の買いの人と共に踏み上げ相場を作り、個人投資家が買い戻しをしたところで高値の玉の残高を増やす作戦を続けるだろうと思います。