ここから本文です

業績の伸びがある銘柄は今のPERではなく来期の業績に対してのPERを見る

現状の株価で来季予想される業績でいくとPERは1桁になり極めて割安となる