ここから本文です



2019年5月23日
ぷらっとホーム株式会社




社会インフラを支える長期運用Linuxに対応

2019年5月23日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、「Civil Infrastructure Platform」(以下、CIP)プロジェクトが弊社IoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT VX2」をリファレンス・ハードウェアとして採用した事を発表します。

CIPはThe Linux Foundationがホストするオープンソースプロジェクトで、産業グレードのオープンソース・ソフトウェアコンポーネント、ツール、メソッドなどの基本レイヤを通じて、長期にわたるサポート(15年以上)とインフラシステムの管理を可能にします。CIPが目指しているのは、産業グレードのソフトウェアやユニバーサルOSによってLinuxベースの社会インフラシステムの実装を加速すること、既存のオープンソース基盤や知識を活用すること、基本レイヤのリファレンス実装を提供してデファクトスタンダードを確立すること、産業ニーズ関連のアップストリームプロジェクトに貢献し、影響を与えることです。

今回「OpenBlocks® IoT VX2」がCIPリファレンス・ハードウェアに採用されたことにより、CIPが2019年2月に公開した超長期サポートLinuxの開発ターゲットとして本製品が使用されます。

ぷらっとホームは、製品開発や市場とのコミュニケーションで得られた様々な知見やノウハウを、積極的にオープンソースプロジェクトや自社製品・サービスへフィードバックする事により、IoT時代でお客様にとって必要とされる様々なシーンでの価値の実現を推進してまいります。