ここから本文です

>>316

だと思います。ですが、そこが足りないと言うか無いに近しい頻度内容が数年続いています。今は思惑で微増中ではありますが、ここらで納得できるir一本出してもらいたいですね~