IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

トヨタ自動車は26日、新開発した低価格の予防安全システム「トヨタ・セーフティー・センス」を2015年に導入し、17年までに日本、米国、欧州のほぼすべての乗用車に設定すると発表した。衝突回避支援など複数の機能をパッケージ化。小型車向け「C」と中・上級車向け「P」の2種類を用意する。Pには路車間・車車間通信を活用した協調型運転支援システムをオプションで追加でき15年に日本国内向け新型車に採用する。
画像処理や電子制御システムは「完成車メーカー単独では開発は無理」(トヨタ幹部)。長期的な視線に立つことができ、連携が有形無形の資産となる有力グループ企業を持つのがトヨタの強みだ。デンソーなどと一丸となり開発を進めることが、ボッシュなどと組む欧米完成車メーカーに対抗していく鍵となる。
(日経産業、日刊工業等)