ここから本文です

おはよう、ショートしてた方おめでとうございます
私も大勝利です
数日前買い方に怨念をこめて叩かれましたけど
良くありますああいうキチガ○が私に絡むとこは下がる前ですからw
毎回ですから今回も自信を強めました

投資部門別売買動向というのは常に見てどういう主体が買っているのかというのを
見ておく必要があります
外国人投資家は皆現物を売っていたんです
上がれば売るを繰り返していたのに
7割が外人の市場で上がるはずがありません
しかも先物だけです
先物の買いというのは去年売りまくってた分のカバーですからね
先物を買い戻して現物をぶつけるのは普通の流れです
日本の裁定買い残は13年こそ増えましたけど
それ以降は右肩下がりに下げ続けてます
あまり期待されてない証拠です

ただ指数はいうても前からいってますが今の実力的には20500から20800ぐらいと思いますので底は売りにくいです
まぁ売りにくいからこそ底抜けるってのはもちろんありますが相場ですから
トレーダーたちが積極的に債券に逃げ込むようなことになれば
初心者の方も多いので、知ってるとは思いますが
配当落ちになると売り方は配当調整金というのをとられます
これは買い方にいきます
配当落ち以上にさがることもあるので持ち越して払ってもあまりある利益になることもあります、そのあたりはおのおのの判断で
制度信用の場合逆日歩もありますのでその分と手数料なども考慮してということになります 長期の売りの方でしたら落ち後に一時的に買いでヘッジしてということもありだと思います 週末はGDPありますのでそれまで個人的には弱気判断です