IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

伊豆と云えば、「伊豆の踊子」の物語がいい、淡い恋心の話が、
いつ読んでも若い頃を思い出す。
作者の川端康成は、貧しい家庭の子供だったと聞いている。
地元の、大阪府の茨木市にある茨木中学の生徒で、駅前のとらやという本屋で
芋をかじりながらほんを立ち読みしていたのは有名な話だ。
じいさんと二人の生活だったらしい、だからか、若い頃の話はなぜか封印されている。
勉強は、よくできた。一高から東大文学部、ノーベル賞だ。
この銘柄とは、関係ないがこういう伊豆の舞台にあるということがうれしいですね・・・