ここから本文です

ご回答が遅くなりました。
私が配当利回り2.7%と記載したのは、四季報の今期配当予想50~100円の低い方の50円として配当利回りを考えた為です(50÷1836=0.027→2.7%)。
ですが、ご指摘の通りで、ユニデンの配当利回りを5.4%と掲載している証券会社のサイトもあります。

ちなみに会社側は、今期の業績予想と配当予想を未定としています。
前期は今年2月時点の配当予想が50円でしたが、今年5月の前期本決算の際に、前期業績の下方修正と併せて50円→100円の増配を発表しています。

2019年3月末現在で97億円の現預金を有し、流動資産(一年以内に換金可能性のある資産)の中に販売用不動産として72億円が貸借対照表に計上されています(全て一年以内に不動産が売れるかは分かりませんが)。
流動資産233億円、負債89億円(流動負債約42億円+固定負債約47億円)のため、多少業績が悪くても前期の半分の50円の配当は今期もあるかなという皮算用で2.7%としました。
販売用不動産が希望の金額での買い手が順調に見つかり、会社に現金が入ってくれば・・・という思惑もありますが、現在、私の高配当低PBR銘柄への分散投資作戦の中では予想配当利回り4%台が多い為、ユニデンの予想配当利回り2.7%というのは低めですが、PBR0.3倍台で流動資産が多いというのは魅力でした。
もちろん、前期同様に配当が100円になれば、配当利回り5.4%でPBR0.3倍台の銘柄だったという事で、そうなれば尚、御の字という事になりますが、世界的にも米中貿易戦争など不透明な部分が多いため、低めの予想を採用しました。