ここから本文です

IR によれば、 今年度 のみならず、 来年度も 高配当を実施してくれる !!

より低い価格の " ロングポジション " を持つことで、 権利落ち日以降の選択肢は 広がる模様。

" つなぎ売り " そのほか、 場合分けして 研究する時間は たっぷりある。

「 当該銘柄のリスクが高い のではなく、 私自身のスキルが低い 」 ため、 しっかりと 準備をしておこうと思う次第。

これを良い契機として、 ほんの少しでも 成長することが出来たら 嬉しいもの。