ここから本文です

18日の13時ちょっと前にあった突勃起上げの後に、各チャートを見比べてもらえばわかると思うけど、
ミネベア、村田製作所、三菱重工(川重、IHIも)など他の上場銘柄のほとんどは、勃起が落ち着いても、
さらにそこから、引けに向かって1~2%も売られて終わっているのに、
ここは1780~1770の間でほぼずっと横ばいだった。

この日の売り方の目標は、初年度来安値の更新だったんじゃないのか?
10時前後に1744をつけてから、後場も同じぐらい落ち込んで1750前後でもおかしくなかった。
実際に、この日の各銘柄のチャートのほとんどが前場よりも後場のほうで、その日の安値をつけている