ここから本文です

最近あまり売買をしないで見てるだけ。結果として見てるだけでも面白いもので、その日が終わると朝方大きく売られてた銘柄もそこそこ戻してたり、上げてる銘柄はどんどん上がったり、逆に上がってたのが上げ幅縮小したり時にはマイ転したり・・・
東証一部市場は今日も売買高2兆円を超えました。
売買高が戻ってきたと言うことは強いと言うこと。
様々な問題があって様子見になってた東京市場 先月まではNYダウ、ナスが上がろうが日経先物は買われなくて連動してなかったのですが、ここに来て漸く連動し始めた。
そしてまだまだ円高水準でありながらも今週は108円を何とか保ってる。
この後は日銀の金融政策決定会合・四季報発売(あまり関係ないか?)そして今週末からまた3連休 明けると権利取り相場で売買高の活況は保証されるところ。
ここの所、上げてる銘柄もあるので利益確定もあろうし、繋ぎの売買もあろう なので空売りも個人は入れてくる可能性も・・・。
メイコーさんの場合は配当に魅力が無いので、今のような体たらくな状況 業績も保守的?となってることから増配はまず無いのかな?そして多分、減配も無い。8億円で資本・業務提携?(子会社化・・買収??)参加したくいですからネ。
ここで減配は出来ないでしょう。
まぁ下がり続けるものも無いので来週決算月を終えてからそれなりに動くのかな?
業績だけで株価を判断しないこと アドバンテストは今期会社予想を営業益 純利益 配当の予想を50%OFFにしてます。
それでも株価は3ヶ月ほど前の2500円どころを底として現在は4600円程度。
軽い株のして相場ではないんです
しっかりしたビジョンを持って透明感もあるから皆から慕われてる。
メイコーもそこを目指して欲しいものです。
とにもかくも人気がない 信頼性が無い そこをどうにかしないとネ。

今日も分散投資のおかげで何とかプラス収支で終えた。
サイバー、ネットワン、アンリツ、伊藤忠、エムアップ、吉野家辺りがそこそこのプラス
メイコーさんも少々戻してくれてたので助かりました。